カテゴリー

リンク

最初はできなくでもいいので、学びながら実践する

コミュニケーションセミナーの内容が身につくまでには、
個人差がありますので、焦らずに、じっくりと実践が必要です。

新しいものを学ぶ際は、人により習得度・習熟度は変わります。
なぜならば、コミュニケーションセミナーを学ぶ際に、

・既に、コミュニケーションセミナーに出たことのある方
・はじめて、コミュニケーションについて学ぶ方
・人間関係や新しいことを実践するのが苦手な方

など、多くの対応の方が参加して、学んでいきますので、
当然の個人差が生まれます。

ですので、焦らずに一歩ずつ進んでいただくために、
NLP心理学で学ぶ、学習効果の促進の仕方をお伝えしていきます。

それをNLPでは、「学習の5段階」と呼んでいます。

学習の5段階には、次の5つの段階が存在しています。

1、無意識的無能状態
2、意識的無能状態
3、意識的有能状態
4、無意識的有能状態
5、3番と4番をできている状態、人に教えることのできる段階

学習の5段階から学べることは、あなたがコミュニケーションセミナー
で学んだ際に、あなた自身がどのような人であっても、確実に
その学んだスキルを見につけることができるようになる。

ということです。

最初は、意識的にがんばってコミュニケーションスキルを使います。
そして、使いながら、反省とフィードバックを繰り返すことで、
気づいたら無意識に使えるようになっていた。ということはよく起こります。

ですので、まずは意識的に使うことが大切になっていきます。
そして、あなたがコミュニケーションスキルを当たり前に、
無意識に使えるようになった時、新しい世界が開けていきます。