カテゴリー

リンク

相手のテンションに合わせながら、言葉のキャッチボールを楽しむ

コミュニケーションが良くなる方法をご紹介させて頂きます。

コミュニケーションが良くなるといいますのは、相手との
関係性を高めることができて、育むことができるということです。

コミュニケーションセミナーや、NLPセミナーで学ぶことのできる
ペーシングを覚えていらっしゃいますか?以前にお話しましたが、
コミュニケーションスキルの基本として、確実に押さえることが
大切になってきます。

ペーシングは話し方や声の状態に合わせます。
そして、相手の価値観にも合わせます。

実はそれにプラスして、ペーシングすると効果的なポイントがあります。
何だと思いますか?

それは、相手の精神状態へのペーシングです。
つまり、テンションへのペーシングです。

相手が楽しい精神状態でしたら、テンションも楽しいものになっています。
相手が悲しい精神状態でしたら、テンションが悲しいもので、低いものかもしれません。

お伝えしたいのは、相手のテンションへのペーシングは、
相手の精神除隊や心理状態に合わせることができるのです。
波長を合わせていくとは、こういうことを指しています。

そして、精神状態を合わせながら、相手の感情を
高めることもできますし、ニュートラルにすることもできます。

コミュニケーションセミナーやNLPセミナーでは、
その為にも、まずは相手にペーシングをしていくことの
大切さを教えてくれます。

そして、相手の心理状態をニュートラルにすることで、
会話はとても自然に、いろいろな話をすることができます。

例えば、相手が辛い心理状態だとします。
その時に、相手に合わせながら、相手の少し上のテンションにします。
なぜかといいますと、相手と同じか低ければ、いつの間にか
あなたが相手のテンション(心理状態)に引き寄せられるからです。

しかし、相手よりあなたがリード出来れば、辛い心理状態を
いつの間にかニュートラルにすることができます。
実はこの状態が、一番色々と話しをしやすい状態なのです。

繰り返しと共感のスキル

コミュニケーションスキルを学ぶことで、
人生、仕事、人間関係の質が変わります。

とてもありがたいことです。

コミュニケーションセミナーに出ることで、その為の基本的
なことを学ぶことができます。

では、その中で学ぶコミュニケーションスキルについて
一緒に見て行きましょう。

繰り返しの技術です。

バックトラッキングやオウム返しと言われています。
ほとんどのベーシックな内容を扱うコミュニケーションセミナーで、
学ぶことの出来る内容となっています。

相手が話した言葉を繰り返します。繰り返す時には、
言葉すべてを繰り返すのではなく、ポイントのみを
繰り返していきます。

ここで大切な事は、ポイントとは何かです。

コミュニケーションセミナーで学ぶ、繰り返しのスキルの目的は、
相手との信頼関係を築くことです。信頼関係を気づくために、
相手の使っている言葉を使います。

同じ言葉を使うことの1つの意味は、
相手が違和感を感じないようにすることと、相手と自分は似ているんだ
ということを無意識レベルで伝えることになります。

相手が使っている言葉の使いかたやフレーズをそのまま使うことで、
似ている人間だと安心感や親近感が積み重なっていきます。

相手の言葉と全く別の表現を使っていると、違和感を感じる可能性があります。
ですので、相手が使っている言葉を繰り返します。

もうひとつ理由があります。

それは、共感です。
コミュニケーションセミナーで学ぶ繰り返しのスキルには、
共感するという大切な要素が含まれています。

相手の話の事実や感情表現を繰り返します。それだけで会話が
盛り上がります。そこには、しっかりと話を聞いてくれているという
安心感を感じ、自分は大切にされている自己重要感を高めることに
つながります。

そして、言葉、感情、話の内容への共感が楽しい空気や話の盛り上がり
などを生みつつ、信頼関係を育みます。

ですので、まとめますと、
相手が話していることを繰り返すときのポイントは、

・使っている言葉や表現を繰り返す
・相手の話の感情表現や事実を繰り返す
・時々、話を要約して「こういうことですよね」と確認する

ということになります。
是非、お使い下さい。

価値感に合わせるペーシング

価値観にペーシングするとはどういうことでしょうか?

前回、ペーシングの方法をお伝えしました。
コミュニケーションを取っている時に、無意識にペーシング
してしまうというくらいになるのが一番ベストです。

知らず知らずのうちちに相手に合わせてしまう位になるのが、
ベストです。なぜならば、コミュニケーションの基本だからです。
あえて、相手とペースを合わせたくない時は、合わせなければいいのです。

では、価値観へのペーシングについてお伝えしていきます。
前回は、話し方や声を合わせることをお伝えしましたが、
実は、それ以外にも呼吸や価値観へ合わせることも、セットなのです。

コミュニケーションセミナーでも教えてくれると思います。
表現はいろいろだと思いますが、多くのセミナーで取り上げられる
くらいに、大切な要素となります。

やり方としては言うがやすしでシンプルです。
相手が大切にしていることをあなたも大切にします。

その為に、相手が大切にしていることは何かを知る必要があります。
では、どうしたらいいのでしょうか?簡単な方法は2つあります。

1、直接聞く

多くのコミュニケーションセミナーに影響を与えているNLPでは、
価値基準を知るための質問をします。そして、ストレートな質問です。
「◯◯で大切にしていることは何ですか?」

いくつか聴いて、そこで出てきた答えの中に、特に大切にしているものは
何ですか?と質問をさらに行ないます。

2、相手が興味を持っていることを聴く

相手が話したいことが、その時点で相手が興味を持っていることです。
ですので、相手が話したいことを話、それに乗っかりながら、会話をして
行きます。

すると、その話の流れの中で、相手が大切にしていることが出てくることが
あります。相手の表情は話し方を見ていると、違いに気づきます。

大切なことを話している時は、表情や声などが変わります。しかし、
仮にそれが分からなくても大丈夫です。相手が興味を持っていることを
話している時、信頼関係を築きやすくなっているからです。

その時点で、直接、価値基準を聞いてみるといいのです。
自分の価値基準を大切にしてくれる人に、人は信頼を寄せるからです。

相手にペースを合わせる

コミュニケーションで相手にペースを合わせる

この方法をペーシングと呼びます。コミュニケーションセミナーでは、
基本のスキルやテクニックとして紹介されている内容です。もともとは、
NLPという心理学から出ています。では、ペーシングについてお話していきます。

ペーシングとは、相手に合わせながら、無意識レベルでラポールを
築くために行なうスキルです。次のように行なうことで、現在、
コミュニケーションが下手と思って悩んで言える方も、今までとは、
比べ物にならないほど、コミュニケーションが取りやすくなります。

ただ、比べると大きく変わりますが、その変化は徐々に作っていくものです。
では、やり方をご紹介していきます。

・相手の話し方に合わせる
・相手の調子に合わせる

ということを行ないます。

コミュニケーションセミナーなどでは、
次のように教えてくれます。

・相手がゆっくりと話しているとき⇒ゆっくり話す
・相手が早口の場合⇒早口まで行かなくても、少し早めに話してみる

・相手の声が大きい時⇒こちらもある程度大きな声にする
・聞こえるか聞こえないくらいの声の時⇒こちらも落ち着いた声にすす

つまり、
話のスピード、リズム、間に合わせつつ、
声の大きさ、抑揚、肯定などに合わせます。

すると不思議なもので、相手も自分もコミュニケーションが取りやすくなります。
仲のいい女の子同士が何だか似ていたり、リズムがぴったりと合っていたりするのは、
無意識にペースがあっているからです。

逆に言うと、ペースを合わせることで、心理的な距離が縮まります。
それは、不要な警戒心や壁がなくなるからです。その上で、
さらに信頼関係を育んでいきます。

では、ペーシングの注意点をお伝えします。
基本は無理をしないことです。もともと声の小さい人が、
ものすごい元気な人に合わせようとしても辛くなります。

大切なのは波長を合わせることです。つまり、できるだけ合わせていく。
ということで変わりますので、無理せずにやて行きましょう。
あとは、実践の中で工夫が生まれてきます。

このようなコミュニケーションの基本を学べるセミナーは
非常に貴重な学びを提供してくれます。

コミュニケーションをセミナーで学ぶメリット

コミュニケーションをセミナーで学ぶメリットをご存知でしょうか?

例えば、コミュニケーションを学ぶ際に、セミナーなどの会場で学ぶもの、
インターネットの前で学ぶオンラインセミナー、書籍など、幾つかの
方法があります。では、コミュニケーションに関して、セミナーで学ぶ
メリットは何でしょうか?

コミュニケーションセミナーをうけるに当たり、セミナーのメリットを知る
ことは、とても重要なことになります、なぜならば、誤字h神にあった選択を
できるようになるからです。

では、一緒にセミナーで学ぶメリットについて考えましょう。
それは、以下のようなものになります。

◯臨場感をもって学ぶことで、身につきやすくモチベーションが上がる

◯安全な場での実勢にゃ体験をすることができる

◯分からないことをその場で講師の先生に質問できる

◯生きた譬え話を幾つも聞くことが出来る

◯上手くいく例とうまくいかない例をその場で経験できる

いかがでしょうか?

他にも有りますが、いろいろとセミナーを通して、学ぶことができます。
しかし、先ほど上げてものが、もっとも大切な要素になります。

この時に、もうひとつ大切な事があります。コミュニケーションセミナーで
学んだ後が一番大切です。セミナーの中で、基本をしっかり学び込めば、
日樹生活で実践できます。

その意味で、日常生活で実践するときに、しっかりと確認をできるテキストや
メモ書きなどで、いつでも復讐できるようにすることが必要です。

結果を出すために、セミナーに出たときは、基本をしっかりと認識し、
体験し、学びこみましょう。

コミュニケーションとは、信頼のこと

コミュニケーションとは、なにを指すのでしょうか。
会話のことを指すのでしょうか。

いえいえ違います。
コミュニケーションとは、信頼関係のことを指します。

なんだか、ACのCMのようになってしまいましたね。
すみません。

結論は、コミュニケーションとは信頼関係のことを指します。

コミュニケーションとは、大事な事ですから、
その事に気づくことができるような心の持ちようを
しっかりと考えることができるようになってくるといいことでしょう。

例えば、どのような心の持ちようを考えることができることでしょうか。
NLPプラクティショナーを学んでいると、一つの勘違いを
してしまう人がいます。

その勘違いとは、NLPプラクティショナーで学ぶことによって、
心理学のテクニックを使って、コミュニケーションを行うことです。

そうすることによって、
相手は違和感を感じます。

心理学の言葉の使い方は独特なのです。
だからこそ、なおさらです。

このような事が起こってくることで、
相手は、どのような印象を持つことでしょうか。

だからこそ、そのことに気づくことができるように考えてみましょう。

その事は、とても大事な事です。

NLPを学ぶことで、そのことに気づくことが
できるようになってくることは言うまでもないです。

しかし、コミュニケーションで本当の意味で大事な事とは、
信頼関係の構築です。

そこができていないのに、コミュニケーションを
取ることはもったいないことなのです。

いえ、むしろ意味がないといってもいいかもしれません。

相手の事をしっかり見つめるコミュニケーション

相手のことをしっかりと見つめて、
コミュニケーションをとりましょう。

それは、コミュニケーションセミナーに参加した人が、
陥りやすい間違いです。

この間違いを知ることによって、
コミュニケーションセミナーに参加することで、
おこりがちな問題点をクリアにすることができるでしょう。

コミュニケーションセミナーに参加すると、
そのテクニックを使いたくなることと思います。

例えば、コミュニケーションは、色々な側面から、
捉えることになってきます。

この事に気づくことが出来る瞬間によって、
より多くのアプローチを知ることができます。

しかし、実際にはコミュニケーションのテクニックを使うと、
くどくなることがあります。

NLPのミルトンモデルを学んだ事がある人であれば、
わかるかもしれません。

ちなみに、NLPのミルトンモデルとは、
コトバを使って、人の行動に制限をかける事を
可能とするテクニックとなります。

このテクニックを学ぶことによって、
コミュニケーション能力を更に飛躍的にすることができます。

しかし、問題点として挙げることができるのは、
このミルトンモデルのテクニックは、とてもくどくなることです。

ですので、このくどいミルトンモデルを使ってしまい、
コミュニケーションがうまく取れなくなったこともあります。

このような状態に陥ることは、
とてももったいないことです。

ですので、しっかりとこの問題を
クリアすることが出来ることで、NLPを使ったコミュニケーションを
さらにできるようになってくることでしょう。

信頼を育むには?

信頼を育むには、色々な方法があります。
しかし、一番大事な事は、頻繁にコミュニケーションを
取ることであることは、いうまでもないことです。

このコミュニケーションが抜けていると、
いい結果を生むことができません。

その事に気づいたのは、
最近の出来事からでした。

わたしのコミュニケーションの体験です。
わたしがコミュニケーションの中で、失敗をしたことは、
色々な場面でありました。

それは、もちろんひとつの場面で言えることだと思いす。
主に、苦手な人とのコミュニケーションでした。

もちろん、うまくいっている人とも、
失敗をしてしまうこともあるでしょう。

しかし、それ以上に苦手な人とのコミュニケーションでは、
色々な失敗をシてしまうことがありました。

その事に気づいたことで、
多くの結果を持つことができました。

それは、NLP資格セミナーが
きっかけだったことはいうまでもありません。

このNLPセミナーの中では、
コミュニケーションの事について触れているのですが、
そのことに気づくことができる瞬間が、
とても多かったことを覚えています。

NLPセミナーではペアを組んでワークを行います。
このNLPワークの中で、知ることが出来る事は、
とてもおもしろいことでした。

そして、同時に見たくない私自身を知ることでした。
コミュニケーションが失敗する理由は、
自分自身の中にあることにも、気づいた瞬間でした。

とても興味深い体験でした。
これだから、NLPを辞めることはできませんね。

信頼関係とコミュニケーション

信頼関係を築く上で、大切にしていることはありますか?
この違いについて、知ることで、ご自身のコミュニケーション能力は、
向上していくことと思います。

しかし、そのようなコミュニケーションの軸が、
決まっていないことで損失が生まれてしまうものです。

信頼関係とは、どのような場面で育まれるものですか?
実際に、何か助けを得ることができた瞬間でしょうか。

このような瞬間に立ち会うことができた瞬間にこそ、
その可能性を知ることが出来るようになってくることでしょう。

例えば、このようなこともその1つとして、
挙げることができるでしょう。

ほんの些細な事ですが、
何かをしたときに、しっかりと「ありがとう」といった
レスポンスを得ることができた瞬間です。

このような瞬間に、人は信頼関係(ラポール)を
持つ事になってくることでしょう。

このような事によって、知ることが出来るようになっていくことで、
その事が明確な事になって来ることは、
間違いのない事です。

この違いは、とても大きな違いになってきます。

信頼関係を築きたいと思ったときには、
決して、目の前の小さな事をおろそかにしてはいけません。

このような事をおろそかにしてしまうことで、
機会損失はかなり大きなものです。

身近なことからしっかりとコミュニケーションを取って、
信頼関係を構築することを目指しましょう。

その事が、一番だいじなことだと言えるでしょう。

コミュニケーション能力を上げたいと思っている人は、
この視点を持っているといい結果を持つことが出来ることでしょう。

コミュニケーションセミナーでわかること

コミュニケーションセミナ-に参加してわかることは、
どのようなことでしょうか。

これまでの記事の中でも色々な事を書いてきましたが、
今回は、またその事について書きたいと思います。

わたしがコミュニケーションセミナーとして指すのは、
NLPプラクティショナーセミナーのことです。

NLPプラクティショナーでは、色々なこととして知ることができます。
もちろん、コミュニケーションの事を学ぶことができますし、
目標達成で大事なことも学ぶことができます。

この事は、色々な側面として知ることができるからです。

今回は、NLPプラクティショナーのコミュニケーションの側面として、
学んだ事を知ることにしたいと思います。

NLPを学ぶことは、色々な事を知ることができますが、
今回の記事では、その事について書きたいと思います。

コミュニケーションセミナーで学んだことで、
なおかつ、NLPプラクティショナーでなければ、
学ぶことができなかったことは、このようなことですね。

それは、潜在意識を使ったコミュニケーションです。
この視点を知ることができたのは、とても大きなことでした。

コミュニケーションをテクニックの側面だけで捉える事をせずに、
どのような経緯で、その事が起こったのかを知ることができたのです。

潜在意識がコミュニケーションに与える影響をあたえることが、
できたことは、とても大きなへんかでした。

そして、自分の学びの方向性を深めることができるようになりました。
NLPプラクティショナーコースで、コミュニケーションを
学ぶことができたことで、そのような違いを持つことができました。

« 前ページへ次ページへ »